ATOK Sync でサーバー領域が一杯になったとき対処メモ

 まあ我が家でも物書きの例に漏れずATOKを使っておりまして、今は月額300円で最新のATOK使い放題のATOK Passportを契約しているわけです。

 最近のATOKにはATOK Syncというインターネット同期機能がありまして、これは要するに辞書とか変換履歴とかをネットのスペース(JustsystemのInternetDisk)にアップロードして、同じアカウントでデータが共用出来る機能。
 ウチも作業用のデスクトップと出先用のSurfaceがあるので、この同期機能はわりかし便利に使っているのですが(あとPC買い換えたときも便利です)……。

 InternetDisk側はATOK Passport申込み時点で50Mの無料領域をもらえるんですが、時々これが「容量が一杯になりました」とかそんな感じのエラーを出しちゃうんですね。
 どうやらメインのファイルだけじゃなくて、何かしらのバックアップやゴミファイルが溜まり続けている仕様っぽいんですが……問題は、このシステムファイルがInternetDiskのサイト側から見えない・触れない点(システムファイルが占めている容量だけは表示される)。

 このシステムファイルの容量オーバーエラー、数年に一回あるかないか程度なんですが、二度目のそれが発生したのと、ネット上にこの対処法が見当たらなかったので、備忘録も兼ねてメモー。

1.ATOK Syncオプション
2.修復タブ
3.今お使いの環境のデータでサーバを上書きする(メインPCでやること)
4.修復オン
5.修復が完了したら成功

 これで、38Mでエラー表示だったシステム領域が12Mに圧縮されました。
 そりゃ38Mあるところに12M書き込んだらエラー出るよね……っていうか、やっぱり上書きじゃないんですね……。

 まあ数年に一回のエラーなんだけども、それらしいヘルプもないし、ウチだけのエラーなのかなぁ。検索すると、ファイル破損系はちょこちょこあるっぽいんだけども。
 前のPCでも一度あったから、再現性というか固有のエラーというわけじゃないっぽいんだけどな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA